NPO法人

NPO法人とNPOについて

  NPONPO法人の違い。NPOの特徴、NPO法人の特徴を理解しよう。NPONPO法人の違いを分かりやすく解説しています。

NPO法人とNPOの違いを知ろう!

 ボランティア情報ガイドTop > ボランティアの用語集 > NPOとNPO法人
スポンサードリンク
 NPOとNPO法人の違い

NPOは広い意味での非営利活動団体を指します。
その中で、NPO法人法に基づいて、法人格を取得した法人をNPO法人と呼びます。
NPO法人は正式には、特定非営利活動法人と言います。

団体は、法人格を取得していないと活動にさまざまな制約が出てきてしまいます。
たとえば、その団体名で銀行口座が開けない、領収書も請求書も発行できない、事務所を借りるときにも体名では借りられないので代表者名で借りることになるなどの不都合がありました。
給与支給も、法人なら経理処理をすればいいですが、個人での場合、確定申告などで大変な手間がかかります。
また利益が出たときも、法人なら剰余金として翌年度に持ち越すことができますが、個人なら課税所得になってしまいます。

このような不都合を解消するために、特定非営利活動促進法(NPO法)が制定され、一定の要件を満たすと
特定非営利活動法人(NPO法人)を設立することができるようになりました。
法人格を取得することで、よりスムーズに活動することができます。

NPO法人を指してNPOと称すのも一般的になっています。


NPO法人の条件
特定非営利活動を行うNPO法人になるためにはいくつくかの要件を満たす必要があります。
1.営利を目的としないこと(利益があがってもそれを構成員で分配せず、また解散時にはその財産を国等に寄付する)
2.社員(総会で議決権を持つ正会員のこと)の資格の得喪(入会したり退会すること)に関して、不当な条件を付さないこと
3.10人以上の社員がいること
4.役員のうち報酬を受ける者の数が、役員総数の3分の1以下であること
5.宗教活動や政治活動を主たる目的にしないこと
6.特定の公職者(候補者を含む)又は政党を推薦、支持、反対することを目的としないこと
7.暴力団でないこと、暴力団又は暴力団員の統制の下にある団体でないこと
 コンテンツ

ボランティアのメリット
ボランティアの種類

ジャンル別ボランティア
朗読のボランティア
手話のボランティア
点字のボランティア
音訳のボランティア
動物のボランティア
美術館のボランティア
医療のボランティア
募金・寄付のボランティア
英語を活かすボランティア
リサイクルのボランティア
エイズのボランティア
自然保護のボランティア
スポーツのボランティア
子供のボランティア
料理のボランティア
老人のボランティア
海外のボランティア

地域別ボランティア
北海道のボランティア
青森県のボランティア
岩手県のボランティア
秋田県のボランティア
宮城県のボランティア
山形県のボランティア
福島県のボランティア

茨城県のボランティア
栃木県のボランティア
群馬県のボランティア
埼玉県のボランティア
千葉県のボランティア
東京都のボランティア
神奈川県のボランティア

新潟県のボランティア
山梨県のボランティア
長野県のボランティア
富山県のボランティア
石川県のボランティア
福井県のボランティア
岐阜県のボランティア
静岡県のボランティア
愛知県のボランティア

三重県のボランティア
滋賀県のボランティア
京都府のボランティア
大阪府のボランティア
兵庫県のボランティア
奈良県のボランティア
和歌山県のボランティア

鳥取県のボランティア
島根県のボランティア
岡山県のボランティア
広島県のボランティア
山口県のボランティア
徳島県のボランティア
香川県のボランティア
愛媛県のボランティア
高知県のボランティア

福岡県のボランティア
佐賀県のボランティア
長崎県のボランティア
熊本県のボランティア
大分県のボランティア
宮崎県のボランティア
鹿児島県のボランティア
沖縄県のボランティア

ボランティアの用語集

Copyright (C) ボランティア情報ガイド All Rights Reserved