スポンサーリンク

かいわれ大根の成分・効能

かいわれ大根の<効果・効能>

「注目の成分」

βカロテン、ビタミンK、葉酸、アリルイソチオシアネート
がん予防、貧血予防、風邪予防

 

かいわれ大根に含まれる豊富なβカロテンは皮膚や粘膜の健康を助けるほか、抗酸化作用によりアンチエイジングやがん予防によいとされています。
また血液の凝固や骨の形成に関わるビタミンK、造血をサポートする葉酸も多めです。
かいわれ大根の辛味はアリルイソチオシアネートという成分で抗菌作用や食欲を増進させる働きが期待できます。

 

 

かいわれ大根の選び方

軸がピンとしていて葉がきれいな緑色のものが良品です。
軸がしおれていたり、葉が黄色くなっているものは鮮度が落ちています。

 

 

かいわれ大根の保存方法

購入したパックのまま冷蔵庫の野菜室で保存します。
根元が乾燥しないようにして2~3日以内に使いきりましょう。
根元をカットしたら、ラップで包んで冷蔵庫で保存します。

 

 

かいわれ大根の食べ方

かいわれ大根はパックに入って売られていることが多いですが、そのままでは茶色い種の皮が残っているので根元をカットしてしっかり洗いましょう。

 

サラダ、和え物、スープ、巻き寿司、炒め物などに適しています。
生のまま食べられますし、サラダやサンドイッチ、和え物などのほかスープや味噌汁などに入れるのもおすすめ。
また薄切り肉やベーコンで巻いて焼くのも人気の食べ方です。

 

 

品種

豆苗(とうみょう)

見た目はかいわれ大根に似ています。
シャキッとした食感で辛味はありません。
ほんのりと甘味があって生食もできますが、炒めたりスープなどに利用されることが多い。

 

スプラウト

主に穀類、豆類、野菜の種子を発芽させた食用とします。
発芽野菜または新芽野菜ともいう。

 

スポンサーリンク

 
TOPへ