スポンサーリンク

葉菜類の成分・効能一覧

キャベツの注目成分ビタミンC・ビタミンU・カルシウム・カテロンキャベツの便秘解消・胃潰瘍予防・ガン予防・美肌作り・肥満予防・疲労回復《胃腸にやさしいビタミンU》胃炎や潰瘍の回復に効果があるといわれる、ビタミンUを含んでいます。このビタミンは別名をキャべジンとも。また、ビタミンCやアミノ酸・カルシウムが豊富で、葉の緑色の部分にはカテロンも多い。アブラナ科野菜特有のイソチオシアネートという成分を含み、...

ほうれん草の注目成分カテロン・ビタミンC・ビタミンB群・葉酸・鉄・カルシウムほうれん草の貧血予防・抗酸化作用・緑内障・白内障予防・動脈硬化予防・便秘解消『抗酸化作用があるカテロンが豊富』カテロンの多い緑黄色野菜の中でも、栄養価は抜群。鉄・マグネシウム・マンガン・亜鉛などのミネラル類・ビタミンB6・ビタミンC・葉酸などを豊富に含み、貧血の予防や高血圧改善にも効果が。特に冬の露地ものは夏物と比べ栄養価...

レタスの注目成分ビタミンC・ビタミンE・カテロン・カルシウム・カリウム・鉄・亜鉛レタスの整腸作用・食欲増進・不眠予防・高血圧予防『品種によって栄養価に違いが』種類によって栄養価に差がありますが、葉色の濃いサラダ菜やリーフレタス類はカテロン・ビタミンE・カリウムがたっぷり。抗ガン作用も期待できます。一方、玉レタスは水分が多く、レタスの中では栄養価は低い。かさを減らして量をとれば、食物繊維が取れるので...

白菜の注目成分ビタミンC・カリウム・カルシウム・マグネシウム・亜鉛・食物繊維白菜の風邪予防・免疫力強化・高血圧予防・ガン予防・胃もたれ解消・むくみ解消《ビタミンCと食物繊維で美肌に》大部分は水分だが、ビタミンCが多いので、風邪の予防に効果的。カリウムが多く、体内の老廃物を排出する働きがあるので、高血圧予防効果があります。アビラナ科野菜に多く含まれるインドール化合物を含み、ガン予防効果も期待できます...

小松菜の「注目の成分」カテロン・ビタミンC・ビタミンB群・ビタミンE・カルシウム・鉄・リン・食物繊維骨粗しょう症予防・動脈硬化予防・風邪予防・美肌作り・脳梗塞予防・認知症予防《カルシウムの宝庫》ほうれん草の3倍以上のカルシウムを含むので骨粗しょう症予防が期待できる野菜。アクが少なく、下ゆで不要なため手軽に調理ができます。カテロン・ビタミンC・ビタミンB群・ビタミンE・カルシウム・鉄・リン・食物繊維...

菜の花の「注目の成分」カテロン・ビタミンC・ビタミンB1・ビタミンB2・葉酸・カルシウム・鉄血栓予防・ガン予防・美肌作り・免疫力強化ビタミンCの含有量は野菜のなかでもトップクラス。免疫力を高め、風邪などを予防するほか、貧血の予防にも効果が。抗酸化作用が高いカテロンや辛み成分のイソチオシアネートにガン予防効果があります。ビタミンB1・ビタミンB2・葉酸・カルシウム・鉄等のミネラル類も豊富に含みます。...

水菜の「注目の成分」カテロン・ビタミンC・カルシウム・カリウム・食物繊維造血効果・美肌作り・便秘解消・免疫力強化カテロンとビタミンCがたっぷり。カルシウムや鉄、カリウムなどのミネラル類、食物繊維も多く、バランスの取れた緑黄色野菜。生活習慣病の予防や美肌効果もあり、サラダとしての人気も定着しています。水菜の保存法新聞紙で包み、ビニール袋に入れて、野菜室に立てて保存。日持ちしないので、早く使い切るよう...

春菊の「注目の成分」カロテン・ビタミンB2・ビタミンC・ビタミンE・カルシウム・鉄・食物繊維貧血予防・血行促進・骨粗しょう症予防・肌荒れ防止・神経失調予防『独特の香りで胃腸を強化』免疫力をアップさせるカテロンの含有量はホウレンソウ以上。しかも、ゆでるとその薬効が高まります。ビタミンB2・ビタミンC・ビタミンE・カルシウム・鉄なども豊富なので、貧血や骨粗しょう症の予防などにも効果が期待できます。また...

にらの「注目の成分」カロテン・ビタミンB2・ビタミンC・カルシウム・硫化アリル冷え性緩和・整腸作用・疲労回復カロテン・ビタミンB2・ビタミンC・カルシウムやカリウムなどを豊富に含んでいます。強い香り成分硫化アリルは、ビタミンB1の吸収率をアップし、エネルギーの代謝を促進するので、スタミナ強化に有効。ビタミンB群の豊富なレバーや豚肉との相性は抜群。血行を促進し、胃腸の働きを助けるので、風邪の予防や回...

セロリの「注目の成分」ビタミンC・ビタミンB群・カロテン・カルシウム・カリウム・食物繊維・アピイン・ポリアセチレン便秘解消・食欲増進・疲労回復・肝臓病予防カリウム・ビタミンC・ビタミンB群・ミネラル類・食物繊維などが含まれています。葉の部分にカロテンが多いので、食べる工夫を。独特の香りはアピインという精油成分で精神を安定させ、不眠やイライラにも有効であるとともに、高い抗酸化作用もあります。セロリの...

クレソンの「注目の成分」カロテン・ビタミンC・ビタミンB群・カルシウム・鉄・リン抗酸化作用・貧血予防・消化促進・強壮効果カロテン・ビタミンC・ビタミンB群・などのビタミン類やカルシウム・カリウム・鉄などのミネラル類が豊富。貧血予防効果が期待できる。辛み成分には抗酸化作用があり、生活習慣病の予防や強壮、消化促進などにも効果が。《水栽培も可能》余ったクレソンを水に挿しておくと、やがて根が出てきます。キ...

ロケットの「注目の成分」ビタミンC・ビタミンE・カルシウム・鉄免疫力強化・美肌作り・抗菌効果・ガン抑制ビタミンC・ビタミンEが豊富なため、抗酸化作用が高く、美肌作りに効果的。ピーマンの約30倍のカルシウムやモロヘイヤと同じくらいの鉄分をも含み、栄養価も抜群。サラダなど、生食で食べるのが一般的だが、おひたしや鍋などもおすすめ。栄養価が高いので量をとりましょう。さっとゆでて、蒸し鳥と一緒にバンバンジー...

三つ葉の「注目の成分」カロテン・ビタミンC・鉄食欲増進・胃もたれ・精神安定・動脈硬化葉にはカロテン・ビタミンC・鉄などが比較的多く含まれています。ただし、軟白栽培されている切り三つ葉では、カロテンや鉄が減少。香り成分で食欲増進やストレス解消の効果があります。香りが命の野菜なので、新鮮なうちに使い切ること。三つ葉の保存方法しめらせたキッチンペーパーで包み、ビニール袋に入れて野菜室に保存。品種「糸三つ...

セリの「注目の成分」カロテン・ビタミンC・鉄健胃効果・解毒作用・風邪予防・貧血防止カロテン・ビタミンC・鉄・カルシウム・カリウムなどを含んでおり、免疫力を高めて感染症を予防効果があります。香りには健胃効果や食欲増進、発汗作用も。《セリの入浴剤》陰干しした葉を袋に詰め、水から入れて風呂を沸かすと、神経痛やリウマチ、肩こり、風邪のひき始めに効果があるといわれています。セリの保存方法しめらせたキッチンペ...

チンゲンサイの「注目の成分」カロテン・ビタミンC・ビタミンE・カルシウム・鉄抗酸化作用・ガン予防・生活習慣病予防カロテン・ビタミンC・ビタミンEなどのビタミン類が多く、強い抗酸化作用がありますので、生活習慣病の予防に有効。また、カルシウム・鉄・などのミネラル類も豊富。アクがないので下ゆでの必要がなく、油と一緒にとることで、カロテンの吸収率がアップするので、より効果的。チンゲンサイの保存方法しめらせ...

タアサイの「注目の成分」カロテン・ビタミンB1・ビタミンB2・カルシウム・鉄風邪予防・粘膜の強化・高血圧予防カロテン・ビタミンB1・ビタミンB2・カルシウムが豊富で、高い栄養価があります。味にクセもないので、煮物、炒め物、和え物、鍋物など、どんな料理にも使える万能野菜。《鍋にもタアサイ》ついつい中華風炒めばかりになってしまうタアサイ。タアサイは下ゆでが不要な上、アクも少ないので鍋物にもぴったり。豚...

モロヘイヤの「注目の成分」カロテン・ビタミンB群・ビタミンC・ビタミンE・カルシウム・鉄・ムチン粘膜の強化・肝機能強化・骨粗しょう症予防・胃潰瘍予防野菜の中ではトップクラスのカロテン含有量を誇り、ほうれん草の約20倍ものビタミンB2、7倍のカルシウムを含んでいます。ぬめり成分のムチンは、胃腸などの消化器官や目などの粘膜を保護し、肝機能を高めます。モロヘイヤの保存方法葉だけを密閉できる保存袋に入れて...

つるむらさきの「注目の成分」カロテン・ビタミンC・ビタミンB2・カリウム・カルシウム・鉄骨粗しょう症予防・風邪予防・美肌作り・疲労回復カロテン・ビタミンC・ビタミンE2・カリウム・カルシウム・鉄などが豊富に含まれた栄養満点の夏野菜。夏場が旬の貴重な葉菜。独特の香りは、ゆでるより炒めた方が抑えられます。つるむらさきの保存方法しめらせたキッチンペーパーで茎を巻き、ビニール袋に入れて野菜室に保存。良いつ...

アロエの「注目の成分」アロイン・アロエチン・アロエエモジン・アロエウルシン便秘、胃腸病、やけど、切り傷、高血圧、胃もたれ、肩こり、カゼ、肌荒れ、口内炎、糖尿病、美肌効果便秘解消・整腸作用アロエの葉の部分には「アロイン」という成分が含まれています。アロインは胃腸を活性する作用があり、健胃効果や便秘改善効果が期待できます。この作用は強力なため摂取には注意が必要です。特に妊婦は摂取を控えた方がよいでしょ...

スポンサーリンク

 
TOPへ