スポンサーリンク

もやしの成分・効能

もやしの<効果・効能>

「注目の成分」

ビタミンC・ビタミンB群・アスパラギン酸・カリウム・カルシウム・鉄・食物繊維
動脈硬化予防・美肌作り・整腸作用・疲労回復・生活習慣病予防

 

《見た目と違い栄養満点》

豆にはないビタミンCをはじめ、ビタミンB群・カリウム・カルシウム・鉄・食物繊維・疲労回復に効果的なアスパラギン酸などを含んだ栄養価の高い野菜。
ビタミンCの損失を防ぎ、歯ざわりを残す為に、手早く調理しましょう。

 

 

もやしの保存方法

袋に入れたまま冷蔵庫に保存。早めに使い切りましょう。

 

《ひげ根を取る》

ひげ根の先端部分は口当たりが悪いので、ていねいな仕上がりを望むなら、
手で折り取りましょう。

 

 

品種

「緑豆もやし」

軸が太めで水分が多い。熱帯地方の植物グリーンマッペ(緑豆)から発芽したもの。

 

「豆もやし」

大豆から発芽したもやし。歯ごたえがよく、独特の風味もある。ビビンバやナムルによく使われる。

 

「ブラックマッペ」

生産コストも安く、現在主流となっている品種。けつるあずきという豆のもやし。

スポンサーリンク

 
TOPへ