スポンサーリンク

根菜類の成分・効能一覧

大根の「注目の成分」根:ビタミンC・ジアスターゼ葉:カロテン・ビタミンC・食物繊維・カルシウム《部位別に使い分けを》95%が水分でビタミンCと消化酵素のジアスターゼが豊富。ジアスターゼは熱に弱いので、生のまま食べるのが効果的。葉にはカロテン、ビタミンC・カルシウム・食物繊維がたっぷり。辛み成分イソチオシアネートには抗ガン作用がある。だいこんは先端にいくほど辛みが強くなります。サラダなら甘い首の部分...

かぶの「注目の成分」実:ビタミンC・カリウム・ジアスターゼ葉:カロテン・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンC・カルシウム《積極的に葉を食べよう》大部分は水分他にはビタミンCやカリウムが比較的多く、消化酵素のジアスターゼが含まれているので健胃効果が期待できます。栄養価が高いのが葉の部分でカロテン・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンC・カルシウムなどが豊富。葉を付けたままにして置くと水分が蒸発して...

にんじんの「注目の成分」カロテン・ビタミンC・カリウム・カルシウム《皮は捨てずにきんぴらに》人参のカロテンは皮の下に多く含まれているので、皮を捨てるのはもったいない。大根と人参の皮を千切りにして油で炒め、きんぴらにすると歯ごたえがあり、栄養価も高い一品が出来ます。にんじんの保存方法水気は禁物。新聞紙で包み、ビニール袋に入れて野菜室に立てて保存。品種「紫にんじん」外側は紫、中心部はオレンジ色している...

ウコンの「注目の成分」クルクミン・ターメロン・シネオール・フラボノイド肝機能強化・解毒作用・胆汁分泌促進・利尿作用色素成分のクルクミンは肝機能を強化し、胆汁分泌を促進します。クルクミン、クルクモール、アズレンなどの精油成分には、肝臓や胃を健やかにし、ガンを予防する効果があるといわれています。春ウコン・秋ウコンがあります。《生ウコンの食べ方》一度にたくさん食べる物ではないので、保存がきく状態にしてお...

ごぼうの「注目の成分」イヌリン・セルロース・リグニン・カリウム・マグネシウム・亜鉛・銅整腸作用・便秘解消・糖尿病予防・ガン予防イヌリン・セルロース・リグニンといった食物繊維を豊富に含んでいて、便秘の解消、整腸、動脈硬化やガンの予防などに効果があります。イヌリンは血糖値を下げる働きもあるので、糖尿病にも有効。カリウム、マグネシウム、亜鉛、銅などのミネラル成分も多く含まれています。ごぼうの保存方法泥つ...

わさびの殺菌作用・食欲増進・胃潰瘍予防・ガン予防辛み成分アリルイソチオシアネートには強い抗菌・抗カビ作用があるので、特に生魚との組み合わせには、食中毒を防ぐ効果があります。刺激的な香りには食欲増進と消化促進作用があります。わさびはアブラナ科なのでこの辛み成分はブロッコリーなどと同様に抗ガン作用が期待されています。わさびの保存法しめらせたキッチンペーパーで、わさびの茎の部分を包みビニール袋に入れて野...

生姜の風邪予防・食欲増進・冷え性改善辛みの成分はジンゲロンとショウガオール。ジンゲロンには血行促進作用があり、体が温まり風邪の引き始めや冷え性に有効効果があるといわれています。ショウガオールは特に抗酸作用が高いのが特徴。食欲をそそる香りはジンギべレンやシトロネラールなどで、香辛料としても幅広く使われています。生姜の保存法しめらせた新聞紙でショウガを包んで冷暗所保存しましょう。すぐに使用しないときや...

スポンサーリンク

 
TOPへ