スポンサーリンク

ズッキーニの成分・効能・保存法・品種

ズッキーニの注目の成分

カテロン・ビタミンC・亜鉛

 

ズッキーニの<効果・効能>

「低カロリーで美肌効果も」
カテロンやビタミンCが豊富で風邪の予防や美肌に効果があります。しかも、低カロリー。
油と一緒に取る事でカテロンの吸収率が高まります。亜鉛・鉄・カリウムも含みます。

 

ズッキーニの見分け方

皮にツヤがあり、太さが均一で重みがあり、大きすぎないものがいい。切り口が変色しているものは鮮度が落ちている可能性があります。
同じ大きさなら重い方がよい。大きすぎるのは中身がスカスカしていることも。

 

ズッキーニの保存法

ラップで包んで、野菜室に。日持ちしないので、なるべく早く使い切りましょう。
大きすぎないものを選びましょう。丸型や黄色がある。

 

品種

ズッキーニ(グリーン)

キュウリをずんぐりとさせたような形。色は黒っぽい緑から鮮やかな緑色など品種によって違う。
食べ頃なのは未熟なうち。大きくなり過ぎると食味が落ちる。おもに西洋料理に使われることが多い。

 

ズッキーニ(イエロー)

皮が薄めでやわらかく、クセのない味。煮物や炒め物、サラダなどにも使われる。

 

「花ズッキーニ」

本場イタリアのマーケットでは、花つきのズッキーニが並ぶ。花の中にチーズとアンチョビを詰め、フライにしたものはポピュラーな前菜。雄花でも。

 

丸ズッキーニ

丸い形のズッキーニ。色は黄色や緑色など。大きさは5~15cmくらい。中をくり抜いて中身を挽肉とまぜて詰め物にして調理することも。

スポンサーリンク

 
TOPへ