結婚する心理

 
スポンサーリンク

結婚する心理

結婚話の切り出し方 | 恋愛の心理

結婚話をするのは勇気がいるもの。結婚の意思を伝えると、別れ話が持ち上がることは少なくないからです。恋人としてはふさわしいけれども、結婚相手としてはちょっと・・・と考えている人も。タイミングもあります。結婚は30歳を過ぎてからと考えている人と今すぐ結婚したい人とは意思が合いません。どちらにせよ結婚話が...

≫続きを読む

 

結婚を躊躇する人の心理 | 恋愛の心理

いつまでも恋愛関係でいたい、夫婦関係に入るのはいやだという人は、責任回避の人間が多い。「相手に譲る」「我慢する」ができない人は結婚に向かない結婚は恋愛と違って「契約された役割関係」が主軸になります。結婚はいやになったからといって、恋愛のようにしばらく会わないでいるとか、別れるということがしにくい人間...

≫続きを読む

 

結婚のメリット | 恋愛の心理

恋愛に比べて結婚のほうが苦労が多い。確かに結婚のほうがフラストレーションを起こす率は高いでしょう。でも、結婚にはそれなりのよさもあります。結婚してからも手を抜かなければ、苦労したかいのある結婚生活を営むことができます。自分の存在意義ができる結婚しなければ、存在意義が定まらないというわけではありません...

≫続きを読む

 

結婚に対する誤解・間違い | 恋愛の心理

苦労の多い結婚に踏み切っても、幸福な人生を送る人とそうでない人との違いはどこにあるのでしょうか?どういう考え方をすればよいのでしょうか?また、どういう考え方が間違っているのでしょうか?誤解1 愛し合っているからうまくいく見合い結婚よりも恋愛結婚のほうが離婚率は高い。恋愛中の男女は、結婚してもそのまま...

≫続きを読む

 

結婚を決意する前に | 恋愛の心理

恋愛より結婚のほうがフラストレーションは多いですが、結婚で不幸になるばかりではありません。相手のことを知る気心が知れているつもりでも、意外に相手のことを知らないことが多いもの。デートを重ねたからといって、相手のことを熟知しているとは限りません。相手に関する事実(生年月日、家族、学歴、職歴、病気、情け...

≫続きを読む

 

結婚の心構え | 恋愛の心理

結婚とはお互いが責任を持つこと恋愛はお互いの損得を超え、競争心を持たない、心と心の触れ合いが主軸。ただし好きという感情だけでは結婚は成り立たない。結婚という人間関係はロマンティシズムだけでは維持できないのです。結婚はお互いに共同経営者になろうという契約です。お互いに権利と責任をもつ人間関係ということ...

≫続きを読む

 

結婚のストレス | 恋愛の心理

恋愛がスムーズにいったからといって結婚がスムーズにいかないのは、結婚のほうが欲求不満が多くなるから。欲求不満が多いということは、相手に怒りをぶつける頻度が多くなるということです。結婚した今は何かと相手が不満の対象になります。結婚によるストレスを減らすには少しでもこの欲求不満によるストレスを減らすには...

≫続きを読む

 

結婚の決め手 | 恋愛の心理

出会いから、恋愛、そして結婚を決めるまでの二人の心理的動きはどうなっているのでしょうか?結婚相手を決める経緯は?出会い職場や学校などで、ある人が特定の人と親しくなり、恋人になるためには、まず視覚的刺激が大きな役割を果たします。外見の魅力が大きなウエイトを占めます。かっこいい、かわいいといったルックス...

≫続きを読む

 

結婚に容姿は条件? | 恋愛の心理

外見よりも性格が大切なはずの結婚においても、容姿を条件にしたり、こだわったりします。では、どうして容姿を条件にしたり、こだわったりするのでしょうか?長い結婚生活にはほとんど外見は関係ないのですが、結婚前にはどうしても容姿にこだわりが出てしまうもの。半ば本能的な心から、男女にかかわらず容姿へのこだわり...

≫続きを読む

 
スポンサーリンク