結婚のメリット

 
スポンサーリンク

結婚のメリット

恋愛に比べて結婚のほうが苦労が多い。確かに結婚のほうがフラストレーションを起こす率は高いでしょう。
でも、結婚にはそれなりのよさもあります。
結婚してからも手を抜かなければ、苦労したかいのある結婚生活を営むことができます。

 

 

自分の存在意義ができる

結婚しなければ、存在意義が定まらないというわけではありませんが、配偶者や子供の存在が、生への意欲が湧いてくるのです。
自分の居場所がはっきりし、この人生で生きているという自覚を持つことができます。

 

 

心理的安定感

結婚は、心理的安定感の源泉になること。困難や危機に対して夫婦は、結束した二人なので、ひとりより不安感はすくないもの。
いざというときに心強い相手を選びましょう。

 

 

大人になる

結婚のよさは、心理的に大人になること。
大人になるとは、自己中心性、うぬぼれ、幼児性がなくなり、現実感覚、現実判断・現実処理の能力が高まること。
結婚することにより、自分の時間や労力を絶えず配偶者や子供、親、親戚、近隣へ配慮することになります。
こういう体験が人を大人にするのです。
結婚のように頭を使わないとやっていけない人間関係は、意識性と責任性を養うにはもってこいの場です。

スポンサーリンク

 

関連ページ

結婚話の切り出し方
女性の方から結婚話を切り出すのは怖いという人は多いです。結婚への進展がない場合、女性の方から結婚話を切り出すとき相手がどう反応するのか想像できません。
結婚を躊躇する人の心理
結婚は恋愛と違って契約された役割関係です。よい恋愛関係なのになぜ結婚を躊躇する人がいるのか。
結婚に対する誤解・間違い
結婚を現実からかけ離れた理想で考えていると「こんなはずじゃなかった」と思うことも。結婚のイメージに対する間違いや誤解を認識しておきましょう。
結婚を決意する前に
結婚を決意する前にもう一度、相手の考え方、あなたの考え方をチェックしておきましょう。結婚してから「こんなはずじゃなかった」と思わないように。
結婚の心構え
結婚したら、ただちに頭を切り換える必要があります。どういう風に切り換えるとよいのか?
結婚のストレス
結婚がスムーズにいかないのは、恋愛より結婚のほうがストレスが多いから。結婚のストレスやその対処法。
結婚の決め手
結婚相手を決める経緯としてどのような基準があるのでしょうか?結婚相手に何を求めるのか。
結婚に容姿は条件?
恋愛や結婚に容姿はどの程度、条件となるのか?では、どうして容姿を条件にしたり、こだわったりするのでしょうか?