結婚を躊躇する人の心理

 
スポンサーリンク

結婚を躊躇する人の心理

いつまでも恋愛関係でいたい、夫婦関係に入るのはいやだという人は、責任回避の人間が多い。

 

 

「相手に譲る」「我慢する」ができない人は結婚に向かない

結婚は恋愛と違って「契約された役割関係」が主軸になります。
結婚はいやになったからといって、恋愛のようにしばらく会わないでいるとか、別れるということがしにくい人間関係。
義理のつきあいの要素が、恋愛の場合よりも多くなります。
例えば配偶者の親族の法事に参加したくなくても、義理で参加するのが結婚です。
義理で行くのはいやと感情のままの生活の固執する人は、結婚に向かない人です。

 

 

自分の責任を果たすのが負担になるとか人の権利を認めるのが苦になるとかいう人は幼児的な人。
恋愛は子供でもできますが、結婚は大人にしかできないものです。

スポンサーリンク

 

関連ページ

結婚話の切り出し方
女性の方から結婚話を切り出すのは怖いという人は多いです。結婚への進展がない場合、女性の方から結婚話を切り出すとき相手がどう反応するのか想像できません。
結婚のメリット
恋愛に比べて結婚のほうが苦労が多いのは間違いない。しかし、結婚にもよさがあり、苦労したかいのある結婚生活を望むことができます。
結婚に対する誤解・間違い
結婚を現実からかけ離れた理想で考えていると「こんなはずじゃなかった」と思うことも。結婚のイメージに対する間違いや誤解を認識しておきましょう。
結婚を決意する前に
結婚を決意する前にもう一度、相手の考え方、あなたの考え方をチェックしておきましょう。結婚してから「こんなはずじゃなかった」と思わないように。
結婚の心構え
結婚したら、ただちに頭を切り換える必要があります。どういう風に切り換えるとよいのか?
結婚のストレス
結婚がスムーズにいかないのは、恋愛より結婚のほうがストレスが多いから。結婚のストレスやその対処法。
結婚の決め手
結婚相手を決める経緯としてどのような基準があるのでしょうか?結婚相手に何を求めるのか。
結婚に容姿は条件?
恋愛や結婚に容姿はどの程度、条件となるのか?では、どうして容姿を条件にしたり、こだわったりするのでしょうか?