結婚の心構え

 
スポンサーリンク

結婚の心構え

結婚とはお互いが責任を持つこと

恋愛はお互いの損得を超え、競争心を持たない、心と心の触れ合いが主軸。
ただし好きという感情だけでは結婚は成り立たない。結婚という人間関係はロマンティシズムだけでは維持できないのです。
結婚はお互いに共同経営者になろうという契約です。
お互いに権利と責任をもつ人間関係ということです。

 

 

結婚を恋愛の墓場にしないための心構え

結婚は恋愛の墓場となる人とならない人がいます。
恋愛の墓場とならないカップルは、生活の中で恋愛の要素を少なめに工夫していること。結婚後の感情の交流は少なめにとどめるようにすべきです。工夫しないと全部崩壊してしまうことも。

 

二人がどういう時間の使い方をするかはとても大切です。各自の時間の費やし方をバランスよく配分しましょう。

  • 各自が自分だけの世界を持つことを許し合っている
  • 日常の挨拶をしている
  • それぞれがライフワーク、仕事を楽しんでいる
  • お互いにある程度、お世辞やいいわけでごまかしあう
  • 二人で旅行や映画鑑賞などを楽しむ
  • 自己開示が主流の会話を楽しむ

 

ある程度意識して生活をしないと、同居人と変わらない人間関係になってしまいます。

 

 

ギブとテイクの上手なバランスを

恋愛関係がスムーズであったからといって、結婚関係もスムーズにいくとは限りません。
結婚前の理想と結婚後の現実のギャップを上手に乗り越えるのが難しいのです。
結婚前にある程度の心の準備をしていたカップルはあわてず乗り越えていけるでしょう。

 

結婚の場合、ギブ・アンド・テイクの原則が非常に強く要請されます。
普段からギブ・アンド・テイクのバランスをとるように頭を働かせる必要があるのです。

 

 

相手への甘えをコントロールできるか

ほとんどの人には甘える願望と甘えられる願望があります。
最初は好きで相手の要求に応えていたのに、だんだんそれが負担になってきます。なぜなら相手は無制限に要求を発揮してくるからです。
恋愛のときはヨコの人間関係であったのに、結婚するとタテの人間関係に変わることが圧倒的に多いもの。
それゆえに結婚関係は快適な状況を維持するのが難しいのです。本人同士が自分の欲求願望に気づき、これをコントロールする必要があるのです。

スポンサーリンク

 

関連ページ

結婚話の切り出し方
女性の方から結婚話を切り出すのは怖いという人は多いです。結婚への進展がない場合、女性の方から結婚話を切り出すとき相手がどう反応するのか想像できません。
結婚を躊躇する人の心理
結婚は恋愛と違って契約された役割関係です。よい恋愛関係なのになぜ結婚を躊躇する人がいるのか。
結婚のメリット
恋愛に比べて結婚のほうが苦労が多いのは間違いない。しかし、結婚にもよさがあり、苦労したかいのある結婚生活を望むことができます。
結婚に対する誤解・間違い
結婚を現実からかけ離れた理想で考えていると「こんなはずじゃなかった」と思うことも。結婚のイメージに対する間違いや誤解を認識しておきましょう。
結婚を決意する前に
結婚を決意する前にもう一度、相手の考え方、あなたの考え方をチェックしておきましょう。結婚してから「こんなはずじゃなかった」と思わないように。
結婚のストレス
結婚がスムーズにいかないのは、恋愛より結婚のほうがストレスが多いから。結婚のストレスやその対処法。
結婚の決め手
結婚相手を決める経緯としてどのような基準があるのでしょうか?結婚相手に何を求めるのか。
結婚に容姿は条件?
恋愛や結婚に容姿はどの程度、条件となるのか?では、どうして容姿を条件にしたり、こだわったりするのでしょうか?