結婚を決意する前に

 
スポンサーリンク

結婚を決意する前に

恋愛より結婚のほうがフラストレーションは多いですが、結婚で不幸になるばかりではありません。

 

 

相手のことを知る

気心が知れているつもりでも、意外に相手のことを知らないことが多いもの。
デートを重ねたからといって、相手のことを熟知しているとは限りません。
相手に関する事実(生年月日、家族、学歴、職歴、病気、情けない思いをした時、絶頂の時)、
相手の感情(好きなこと、嫌いなこと、好きな人、嫌いな人、人生の楽しみ、趣味)、
相手の価値観(金が一番大切、長男は親と同居すべき、育児は妻の責任)
など普段から知ろうとする姿勢を持つことが大切です。

 

 

相手の援助役を勤められるか

相手の援助役になる気があるか?形勢が不利な状態や不公平な状況になると手のひらをかえすことはないか?
何か困難なことが起こると、自分は犠牲者である、利用された、損ばかりしている、と思いがちです。
ところが、面倒見がよいのに配偶者に喜ばれない人がいます。それは配偶者の求めているものは何かに気づいていない場合です。
つまり、おせっかい、出しゃばり。
結婚で危険なのは、してもらうことばかりで、して返すことを考えない人です。

 

 

自分は自分、人は人の自覚があるか

自分は自分、人は人という自覚があるかどうか?
ここぞと思うときは「私はこう思う」と自分を打ち出す能力があるかどうかです。
他人まかせで、自分の考えを持たない人、頼りない人、指示待ち人間は配偶者を疲れさせます。

 

 

結婚という人間関係は恋愛という人間関係と違うところがあるので、結婚に踏み切ったあとはすぐに頭を切り替えることです。

スポンサーリンク

 

関連ページ

結婚話の切り出し方
女性の方から結婚話を切り出すのは怖いという人は多いです。結婚への進展がない場合、女性の方から結婚話を切り出すとき相手がどう反応するのか想像できません。
結婚を躊躇する人の心理
結婚は恋愛と違って契約された役割関係です。よい恋愛関係なのになぜ結婚を躊躇する人がいるのか。
結婚のメリット
恋愛に比べて結婚のほうが苦労が多いのは間違いない。しかし、結婚にもよさがあり、苦労したかいのある結婚生活を望むことができます。
結婚に対する誤解・間違い
結婚を現実からかけ離れた理想で考えていると「こんなはずじゃなかった」と思うことも。結婚のイメージに対する間違いや誤解を認識しておきましょう。
結婚の心構え
結婚したら、ただちに頭を切り換える必要があります。どういう風に切り換えるとよいのか?
結婚のストレス
結婚がスムーズにいかないのは、恋愛より結婚のほうがストレスが多いから。結婚のストレスやその対処法。
結婚の決め手
結婚相手を決める経緯としてどのような基準があるのでしょうか?結婚相手に何を求めるのか。
結婚に容姿は条件?
恋愛や結婚に容姿はどの程度、条件となるのか?では、どうして容姿を条件にしたり、こだわったりするのでしょうか?