結婚のストレス

 
スポンサーリンク

結婚のストレス

恋愛がスムーズにいったからといって結婚がスムーズにいかないのは、結婚のほうが欲求不満が多くなるから。
欲求不満が多いということは、相手に怒りをぶつける頻度が多くなるということです。
結婚した今は何かと相手が不満の対象になります。

 

 

結婚によるストレスを減らすには

少しでもこの欲求不満によるストレスを減らすにはどうすればよいのでしょうか。

 

結婚は心をふれあわせるだけでは不十分な人間関係であると考えを修正することです。
二人でひとつのことを成し遂げたり、世間との接触を維持することを期待される人間関係であると認識することです。
若干のフラストレーションがつきまとうのは結婚の宿命である心得ておくべきでしょう。

 

話を聞いてくれないとか、一緒に行動してくれないとか多少の不満は気にしないようにしましょう。
こうした現実になじむことによって、忍耐も柔軟性も増すのです。

 

結婚は現実的に考えて行動することが多くなります。
したがって楽しさよりもストレスが増す人間関係だと覚悟を決めておくほうが不満は少なくて済むのです。

スポンサーリンク

 

関連ページ

結婚話の切り出し方
女性の方から結婚話を切り出すのは怖いという人は多いです。結婚への進展がない場合、女性の方から結婚話を切り出すとき相手がどう反応するのか想像できません。
結婚を躊躇する人の心理
結婚は恋愛と違って契約された役割関係です。よい恋愛関係なのになぜ結婚を躊躇する人がいるのか。
結婚のメリット
恋愛に比べて結婚のほうが苦労が多いのは間違いない。しかし、結婚にもよさがあり、苦労したかいのある結婚生活を望むことができます。
結婚に対する誤解・間違い
結婚を現実からかけ離れた理想で考えていると「こんなはずじゃなかった」と思うことも。結婚のイメージに対する間違いや誤解を認識しておきましょう。
結婚を決意する前に
結婚を決意する前にもう一度、相手の考え方、あなたの考え方をチェックしておきましょう。結婚してから「こんなはずじゃなかった」と思わないように。
結婚の心構え
結婚したら、ただちに頭を切り換える必要があります。どういう風に切り換えるとよいのか?
結婚の決め手
結婚相手を決める経緯としてどのような基準があるのでしょうか?結婚相手に何を求めるのか。
結婚に容姿は条件?
恋愛や結婚に容姿はどの程度、条件となるのか?では、どうして容姿を条件にしたり、こだわったりするのでしょうか?