結婚話の切り出し方

 
スポンサーリンク

結婚話の切り出し方

結婚話をするのは勇気がいるもの。
結婚の意思を伝えると、別れ話が持ち上がることは少なくないからです。

 

恋人としてはふさわしいけれども、結婚相手としてはちょっと・・・と考えている人も。
タイミングもあります。結婚は30歳を過ぎてからと考えている人と今すぐ結婚したい人とは意思が合いません。
どちらにせよ結婚話が持ち出されることによって二人の関係は転換期を迎えます。

 

長い間、恋人同士だけれども、自分から結婚話を持ち出すのは怖いという女性は多いです。
彼がどんな反応をするか想像できないからです。「結婚話」を持ち出すことは、同時に、別離の可能性も含んでいます。

 

 

結婚話が別れ話になる場合も

相手が配偶者としてふさわしいかどうかを考えます。
現実の話としては、相手の両親に会い、住居場所を考え・・・今のいい関係を捨てて、新しい世界に入らなければなりません。
このような意識はどちらかと言えば、男性側のもの。今がベスト・・・結婚はちょっとという考えがあります。
男性は、抽象的なイメージ的なとらえ方をします。

 

女性は「結婚生活」という具体的なとらえ方をします。
男性はいきなり、「結婚」という具体的なものを突きつけられると、ちょっととまどいます。
この意識のギャップが、別れ話に進展していく要因になるのです。

 

 

女性からの結婚の話をするとき

女性の側から「結婚」の意思表示をするときは、イメージ的な伝達方法が安全です。
最初から、生活資金の計算や披露宴費用の額など具体的な話から始めると男性はギャップを感じます。
「こんなはずじゃなかったのに・・・」という反応が男性側にあることも。

 

結婚の話をするときは「こんな楽しいことがある」「とても大切にしてもらえる」などと
男性のイメージを大きく膨らませるような話題から切り出すことが大切です。
女性が考える生活上の具体的な不安は、事が始まってしまえば、それなりになんとかなるものです。

スポンサーリンク

 

関連ページ

結婚を躊躇する人の心理
結婚は恋愛と違って契約された役割関係です。よい恋愛関係なのになぜ結婚を躊躇する人がいるのか。
結婚のメリット
恋愛に比べて結婚のほうが苦労が多いのは間違いない。しかし、結婚にもよさがあり、苦労したかいのある結婚生活を望むことができます。
結婚に対する誤解・間違い
結婚を現実からかけ離れた理想で考えていると「こんなはずじゃなかった」と思うことも。結婚のイメージに対する間違いや誤解を認識しておきましょう。
結婚を決意する前に
結婚を決意する前にもう一度、相手の考え方、あなたの考え方をチェックしておきましょう。結婚してから「こんなはずじゃなかった」と思わないように。
結婚の心構え
結婚したら、ただちに頭を切り換える必要があります。どういう風に切り換えるとよいのか?
結婚のストレス
結婚がスムーズにいかないのは、恋愛より結婚のほうがストレスが多いから。結婚のストレスやその対処法。
結婚の決め手
結婚相手を決める経緯としてどのような基準があるのでしょうか?結婚相手に何を求めるのか。
結婚に容姿は条件?
恋愛や結婚に容姿はどの程度、条件となるのか?では、どうして容姿を条件にしたり、こだわったりするのでしょうか?